ビットコイン相場予測仮想通貨まとめ

ビットコイン仮想通貨相場を予測!売上も毎朝8時更新

仮想通貨の始め方、仮想通貨ニュース速報
ビットコイン初めての方サポート

スポンサードリンク

ビットコイン先物取引で価格はどうなった??

CMEグループの待望のbitcoin先物取引は、1月18日の契約価格が2万ドルを突破したため、今日(米国時間127)、強気のシグナルを発した。
Best money closer to the top.



Chicagoの派生商品取引事業者が最初にBitcoinを発表したのは数ヶ月ぶりのことだが、1月のローンチ初日は$20M(6550万ドル)だった。

CMEのデータによると、最初の1時間で200件以上の契約が成立したそうだ。

運営者のサイトでは、2018年2月1日の契約と2018年3月に予定されていた契約が2月に期限切れになったことを示している。 後者の価格は2万ドル以上の価格で報道されている。



CoinDeskのBitcoin価格指数(BPI)は、CMEがBitcoin先物取引を開始した時点で$19,400(1万4400ドル)に達した。

先週のBitcoin先物市場のキックオフと並んで、先週の1週間にわたり、機関投資家向けの複数の製品がローンチされた。 そして、以前報じられていたように、NasdaqやWallStreetJournalのCantorFitzgeraldは、2018年にはbitcoinを中心とした製品をローンチする予定だ。

しかし、CMEのローンチは市場疲労の兆候も見せている。

当初の難点は、トラフィックの急増に伴ってウェブサイトが一時的にアクセス不能に陥ったため、CMEのサイトがオープンしたことから、CMEのサイトはオープンになった。 さらに、最初の1時間の間に、bitcoinは1万8000ドルの安値をつけて急落した。